xsalaryのブログ

ごく平凡なサラリーマンです。平凡な日々に刺激を与えるため、ネタになることを集めて書いていこうと思います。

肉の万世【秋葉原】

所用で秋葉原に行ってきた。ランチの時間にさしかかったので久々にここに行ってきた。

f:id:xsalary:20201108093252j:plain

肉の万世万世橋を渡ったところにある。ビル一棟がまるまるお肉屋さん。

f:id:xsalary:20201108093400j:plain

「いらっしゃいまんせい」の文字と豚のキャラクターが印象深い。食も目で楽しむことが重要な時代か。

ちなみに以前は地下1Fは居酒屋だったが、このご時世で今は閉店中のようだった。残念。

f:id:xsalary:20201108093540j:plain

ちなみに1Fはローソンとのコラボ。豚のキャラクターが随所にあったり、カツサンドなどの自社商品が多く売っている。

f:id:xsalary:20201108093734j:plain

正面からの画

f:id:xsalary:20201108093811j:plain

今回は4Fのレストランに。フロアの写真はないが窓が多くて景色がいいのが特徴。ランチメニューはパコリタンがおすすめで興味を引いたが、今回は生姜焼きにした。

f:id:xsalary:20201108094015j:plain

窓からの景色。まずは御茶ノ水方面。順天堂大学東京医科大学などが見える。左下にはオレンジの中央線が走っている。更に右上から黄色の総武線が走っており、クロスする絵も取れる。

f:id:xsalary:20201108094318j:plain

続いて秋葉原方面。昔は高層ビルの少ない街だったが今は多くのビルが建った。右側が秋葉原のメイン通りの一つ。今ではオタクショップも多く存在するようになった。

f:id:xsalary:20201108094628j:plain

生姜焼き定食が来た。ご飯はお代わり自由。お吸い物はもちろん豚汁がデフォルト。生姜焼きは醤油の甘みがよく利いていておいしい。

f:id:xsalary:20201108094855j:plain

オレンジの中央線と黄色の総武線が重なった絵が取れた。思ったより目立たない絵になったけど、この2路線が重なるのが秋葉原御茶ノ水エリアだなぁと思わせる。

肉の味、豚のキャラクター、一棟まるまる肉の雰囲気、窓からの景色などが特徴の肉の万世秋葉原に来た時はまた寄りたい。

寄り道(有楽町・日比谷)

通勤の通り道なのでよく寄る有楽町・日比谷。人の多い街だけにちょっと情報を集めると普段気づかない面が色々出てくる。

 

f:id:xsalary:20201107110323j:plain

日比谷シャンテで映画の上映会をやっていた。映画名はザ・ファブル。原作も知っていたので内容は面白いのだが、この時期に外は寒いので内容に集中できなかった。

f:id:xsalary:20201107110546j:plain

ちなみに左を見ればペニンシュラ東京

f:id:xsalary:20201107110625j:plain

右を見れば日比谷ミッドタウンがある。

続いて有楽町。国際フォーラムは何十回、百回と来ているが、エレベータで7Fのラウンジにあがれ東京の夜景が一望できる。更にそのあとスロープで下ることができる。

f:id:xsalary:20201107110845j:plain

まずは何度も見た下から上の風景

f:id:xsalary:20201107111011j:plain

7Fから見た夜景。左がPacific Centuly、真ん中が京橋エドグラン、右がブリヂストン

f:id:xsalary:20201107111141j:plain

真ん中に走っているのが東海道新幹線。「ぢ」の看板がひときわ目立つ。

f:id:xsalary:20201107111336j:plain

有楽町方面。倉庫みたいのが旧無印良品店舗(確か今はオリンピック運営施設)、さらに銀座マロニエ、交通会館などが見える。

f:id:xsalary:20201107111538j:plain

国際フォーラム内。このスロープから1Fに降りていける。

f:id:xsalary:20201107111635j:plain

東京駅方面。TOKIAビルなどが見える。

f:id:xsalary:20201107111717j:plain

スロープはこんな感じで下っていく。

f:id:xsalary:20201107111814j:plain

国際フォーラムの広場のあたり。日常の風景も上から見ると新鮮に見える。

f:id:xsalary:20201107111910j:plain

ロビーも同様に上から見ると新鮮。

この後、新橋まで歩くと、ガード下に裏コリドー街など新しい商店街ができていた。東京はちょっと経つと風景やお店が変わっていて本当に飽きない街だと思う。

近場のホテル滞在(赤坂編)

GO TO TRABEL でホテルが安く泊まれることが話題になっているので、便乗してみた。今回は赤坂。センチュリオンホテル赤坂を予約。

 

まずは 新橋駅から赤坂まで徒歩で移動。

虎ノ門霞が関経由で大体30分くらい。

ほぼ赤坂まで来ていたが、道中の中華料理屋(佳佳)で昼食。

f:id:xsalary:20201103160556j:plain

五目野菜炒め定食。¥880

味は悪くないがボリューム多し。この後アイスコーヒーまでついてきた。

その後すぐにホテルに着。

f:id:xsalary:20201103160822j:plain

センチュリオン赤坂グランドの外観。結構洒落たデザインだった。

f:id:xsalary:20201103161004j:plain

部屋のサイズは大きくないが、ベッドはセミダブルだったので1人だと大きめ。ただそれを忘れてこじんまりと寝てしまった。。

f:id:xsalary:20201103161137j:plain

横になると丁度いい位置で大型テレビが配置されているのは良かった。欲を言うとスマホに接続できる機能があれば最高だった。

ちなみに窓の外の風景は他の建物で遮られてイマイチ。今回は6Fだったがもっと高層階ならよかったのかも。

f:id:xsalary:20201103161419j:plain

アメニティは結構充実していたと思う。大浴場を使うので殆ど利用しなかったけど。

f:id:xsalary:20201103161534j:plain

シャワー室のアメニティ

f:id:xsalary:20201103161625j:plain

行ったことがなかった赤坂サカスへ散歩に出る。幾つかインスタ映えしそうなポイントがあった。

f:id:xsalary:20201103172934j:plain

インスタ映えポイント

f:id:xsalary:20201103173015j:plain

インスタ映えポイント

f:id:xsalary:20201103161737j:plain

TBSでかい

f:id:xsalary:20201103161821j:plain

夕食は陳麻婆豆腐。赤坂は麻婆豆腐の名店が多いそうだけどここしか知らない。だが、それで十分。そんなに何回も赤坂来ないし。

f:id:xsalary:20201103162034j:plain

お決まりの麻婆豆腐。この後小ライスも来た。かなり辛くて汗と鼻水が噴き出すが、辛味と旨味が重層的にやって来て手が止まらない。赤坂に来るたびに食べたくなる。

f:id:xsalary:20201103162254j:plain

来店ついでに赤坂見附交差点の風景。赤坂見附駅は何度も来ているが、この角度から見る機会はあまりなかった。

この後は頂いた地域振興券でお酒を買い込んだ後、大浴場とサウナに入って部屋で一杯やって終了。

以下翌日。

f:id:xsalary:20201103162944j:plain

朝食はフレンチトーストとカレーから選べる。結構ボリュームがあって昼食は取らなかった。

f:id:xsalary:20201103163230j:plain

ちなみにフロントではインコが出迎えてくれます。

大浴場&サウナ、ボリューミーな朝食、都心の立地、建物のデザイン性などを考慮すると¥6,500で泊まれるのはかなりリーズナブル。さらに¥2,000の地域振興券もついてくるので、実質負担は¥4500でかなりお得。GO TO TRABELは利用すべき。

 

f:id:xsalary:20201103163720j:plain

折角なので翌朝も赤坂近辺を見ていくことに。まずは一番目を引く赤坂プリンス跡にあるこの紀尾井町ガーデンテラスから。

f:id:xsalary:20201103163917j:plain

と思ったが、弁慶橋の下にある釣り堀に目が行った。

f:id:xsalary:20201103164026j:plain

都心の釣り堀といえば市ヶ谷が有名だが、赤坂にもこんなところがありました。しかもこっちはボートの貸出もやっている。しかも観光用と釣り用の2種類。

f:id:xsalary:20201103164219j:plain

弁慶橋下から撮った風景。いつものアングルと違う赤坂。

f:id:xsalary:20201103164422j:plain

ちなみに正面の高いビルがALSOK。他にも住友電工(スターネット)、某法律事務所、東急エージェンシーブロードバンドタワーなど色々なクライアントと関わってきた事を思い出した。

f:id:xsalary:20201103164707j:plain

気を取り直して当初予定の紀尾井町ガーデンテラスへ。ここはかなりluxuryな空間。写真は撮らなかったが、4Fホールにはコンシェルジュがいて、駐車場も豪華な雰囲気。機会があれば高層フロアに行ってみたい。

f:id:xsalary:20201103164941j:plain

ドラッグストアもトモズ系列のようだが、American Farmacyという別ブランドで展開されていた。高級感が漂う雰囲気。

f:id:xsalary:20201103165145j:plain

この店の特徴か、化粧水や乳液を自由に試せるようになっていた。ちなみに化粧水は肌を加湿するもので、乳液はその加湿性を包む?(即ち効果を維持させる)ものだそう。今まで化粧水と乳液という違うものが存在することすら知らなかった。

f:id:xsalary:20201103165506j:plain

続いて日枝神社。仕事で来た時に何十回と通り過ぎたが、入るのは初めて。

f:id:xsalary:20201103165628j:plain

京都のような鳥居の通りがあった。ただこの一角だけで規模は京都のものとは比べ物にならず。

f:id:xsalary:20201103165740j:plain

本堂。思ったよりずっと立派だった。左に高層ビルが入るのが都心の神社ですな。

f:id:xsalary:20201103165904j:plain

高層ビルとのコントラスト。右は山王パークタワーだけど、黒い方は何だろうと思ったらキャピトルホテル東急のタワーでした。

f:id:xsalary:20201103170113j:plain

将棋盤を模した撮影スポット

f:id:xsalary:20201103170217j:plain

続いてキャピトルホテル東急へ。ここは本当のluxury hotelでした。エントランスからして高級感が違う。高級車とコンシェルジュが普通に存在。

f:id:xsalary:20201103170430j:plain

入ったところの風景。ここはコンシェルジュの振る舞いも一流で関心させられた。歩き方も品があり、すれ違えばにっこりと会釈。手すりを拭く時も客の動きを見てすっと止まる。勉強になります。

f:id:xsalary:20201103170801j:plain

展示してあったオブジェ

f:id:xsalary:20201103170857j:plain

牛丼もキャピトルホテル東急が作るとこうなる。

f:id:xsalary:20201103171134j:plain

ちなみにレストランのメニュー。さすがの内容です。

f:id:xsalary:20201103171242j:plain

地下の休憩スペースで休憩。この時個人的にテンションが急上昇する出来事があり、印象に残ったので写真で残しておく。

この後、行きと同様、新橋駅まで歩いていき、使いきれなかった¥1,000分の地域振興券でお土産を買って終了。

使った金額はざっと以下。

■初日 昼食代(中華料理 佳佳)   ¥880

    センチュリオン赤坂 宿泊代 ¥5,960(一部楽天ポイント利用)

     夕食代(陳麻婆豆腐)     ¥1,600

■2日目   なし

■交通費 川崎駅ー新橋駅(往復)  ¥440

地域振興券 -¥2,000分  初日のお酒&お土産(2日目夕食、お菓子)

合計 ¥8,880(-¥2,000は別)

 

これだけ遊んでこの金額は普通はありえない。 

結論:GO TO TRABELはもっと利用すべき

  

2020年1月~10月に行ったところ③

⑤10月 鎌倉 実家から原付で

明月院報国寺⇒茶織庵⇒鎌倉駅由比ガ浜海岸⇒高徳院

f:id:xsalary:20201103154331j:plain

明月院の庭園

アジサイの季節はここは1時間待ちはザラだが、この時期は非常に空いている。(平日という事もあり)

f:id:xsalary:20201103154411j:plain

丸窓の光景

f:id:xsalary:20201103154500j:plain

岩から生えてきたモミジ もう少し後に来れば赤くなっていたのかも

f:id:xsalary:20201103154836j:plain

報国寺の本殿

f:id:xsalary:20201103154928j:plain

名物の竹林 ただ思ったより広くはない 

京都の嵐山と比べてしまうとの話だけど

f:id:xsalary:20201103155042j:plain

竹林の喫茶 入口で通常の拝観券ではなく、抹茶用の拝観券が必要(¥900)

今回は見送ったので外観を取っただけ

 

この後、茶織庵で昼食(手打ちそば)、鎌倉駅でカフェ、由比ガ浜海岸に行った後、高徳院で久々に大仏を見ようと思ったが、手持ちの小銭が中途半端だったので何か嫌になって断念。(手持ちは250円で、入場料が300円)早くこの辺もキャッシュレス対応してほしい。。

2020年1月~10月に行ったところ②

③8月 箱根に日帰りドライブ

今までの反動からか大涌谷の駐車場は1時間以上の行列! 自分は助手席だったがそれでもしんどかった。

f:id:xsalary:20201102105814j:plain

大涌谷

f:id:xsalary:20201102105951j:plain

どんな仕事も断らないキティさん

f:id:xsalary:20201102110037j:plain

大涌谷全景

f:id:xsalary:20201102110126j:plain

箱根神社

f:id:xsalary:20201102110153j:plain

混雑で遅めの食事は箱根そば はつ花そば

④10月 千葉房総半島 1泊2日 アクアラインでドライブ

f:id:xsalary:20201102110315j:plain

鴨川シーワールド

f:id:xsalary:20201102110432j:plain

シャチのショーは珍しい(ここだけ?) 確実に水浸しになるため、かっぱ購入必須

f:id:xsalary:20201102110623j:plain

アシカのショーは家族仕立てのストーリーになっているところが面白かった。色々練ってあります。

f:id:xsalary:20201102110738j:plain

シロイルカは自分たちの出す独自音でコミュニケーションを取っている、とても賢い動物だそう。

f:id:xsalary:20201102110851j:plain

旅館の夕食。もともとは魚屋だったそうで、刺身とかが美味。 民宿魚赤。

f:id:xsalary:20201102111024j:plain

2日目 マザー牧場

f:id:xsalary:20201102111114j:plain

牛さん

f:id:xsalary:20201102111142j:plain

羊さんと放牧犬。ハイジの世界のよう。犬さんがきっちりと羊をリードするショーを見せてくれます。

f:id:xsalary:20201102111343j:plain

動物オールスターショー。

f:id:xsalary:20201102111525j:plain

羊ショー。世界各国の羊が並ぶと結構個性がある。プレゼンターがズラだったり、犬が羊の背中を渡っていくなどの仕込みもあって楽しめる。

f:id:xsalary:20201102111714j:plain

最後に海ほたるによって終了。帰りのアクアラインは超渋滞。

鴨川シーワールドマザー牧場が2大巨頭で、これだけで2日間余裕ですごせる。

ただ、アクアラインの渋滞(特に夕方)は恒例らしい。

10ヵ月サボっていたが再開 2020年1月~10月に行ったところ①

新型コロナの影響で生活が激変。

リモートワークが主体になり、外出機会や会社の人とのコミュニケーションが激減。

GWの旅行(大阪~高野山紀州白浜)も中止。

 

ちなみに応用情報技術者試験も4月は中止で、10月にようやく受験。受かっているかは結構怪しいレベル。(記述式回答でどこまで評価されるか)

 

そんな中で1月~10月で行ってきたところ。

 

①1月 鎌倉 円覚寺

f:id:xsalary:20201102104558j:plain

入口

f:id:xsalary:20201102104716j:plain

 

②3月 明治神宮、東京ジャーミィ

f:id:xsalary:20201102104832j:plain

f:id:xsalary:20201102104859j:plain

本堂 コロナで人少ないと思ったが、結構人がいた。3連休&今までの反動か

f:id:xsalary:20201102105023j:plain

昼食は原宿のピザ専門店 CANTERA

f:id:xsalary:20201102105150j:plain

東京ジャーミィ(モスク)外観

f:id:xsalary:20201102105240j:plain

内観① 女性はターバン着用の必要あり 絨毯も壁面画もとても美しい

f:id:xsalary:20201102105422j:plain

天井のドーム状の飾りがとても華やか

イスラム文化の建物は珍しいが、とても興味深かった。1Fには食料品などのショップもあり、現地のインスタントラーメンとかスナック菓子とかが販売されていた。

【最近見た・読んだもの】日本の異国、ひつじのショーン

f:id:xsalary:20191221151129j:plain

本:日本の異国 在日外国人の知られざる日常

・竹ノ塚 リトルフィリピン

代々木上原 イスラム 東京ジャーミィ

高田馬場 ミャンマービル

・西葛西 Little India

西川口 China Town

・新大久保 コリア、中国など雑多なアジア

日本には色々なアジア系外国人街があり、マーケットを形成している。

ルーツは戦前・戦後までさかのぼる事もあり、歴史が深い。

程度の差はあれ、それぞれが現地に根差しながら、独自のコミュニティを形成しているのが興味深い。

 

f:id:xsalary:20191221152022j:plain

映画:ひつじのショーン

イギリスとフランスの共同制作。テアトル complimentary ticketで見てきた。

セリフは基本なく、人形劇風の画やアクションや音楽などで魅せていく、いかにも欧米的な内容。シンプルでまあまあ楽しめたという感じ。絵はきれいで見やすい。